受講クラスレベル判定      公平第一委員会   R2年2月5日改定   
Cクラス ■B・Cクラスは本人のご希望を優先してフロントスタッフとご相談
 注@Bクラス以上では基本的指導は行いません 
 注Aミスを招く悪い癖であっても誇り高いAクラス受講者には改良指導は行えません
 注B目標とする土俵の違いにより指導する基本的指導は違います
■コーチの能力を考慮して各コーチの指導方法を本部決定しております
  皆様のご都合(試合日程・体力・レベル・ご希望)にあわせてご受講ください
 @ゲーム永めの言葉指導を重視するコーチ Aゲーム短く多くの球出しによるトレーニングスタイル 
 Bコーチの綺麗なフオームへと自然と似ていくコーチゲーム参加型
Bクラス
A



    
1、コーチの判断ではAクラス決定できない /就業規則15条3項
2、クラス判定規則により公平の為に口説いて昇級を防止する/就業規則15条4項
3、ヘッドコーチとフロントスタッフによる戦績及び技能判定によりAクラスとする事ができる/就業規則15条6項
4、市民大会・オーバー・リーグ戦・倶楽部主催等の試合は対象外とします 


 



◆女子連全国大会県予選(オーバーを除)の試合において3回戦以上
  プリンス・スリクソン・ヨネックス・ピンクリボン・ソニー生命 
  
女子連AクラスというだけではAクラス受講はできません
◆県協会ランキングポイント対象試合 
   S16・D4
◆各市テニス協会試合32以上ドロー S4・D優勝
◆各市テニス協会試合16以上ドロー 対象外
◆高校大学テニス部での学生選手権出場経験と戦績



男子A技能判定を参考







◆高い良識(常識・知識・見識)と教養を持ち25年以上の経験
◆県テニス協会ポイント対象試合 
  S32・D8
◆各市テニス協会試合32以上ドロー S8・D2
◆各市テニス協会試合16以上ドロー 対象外
◆小中高校大学テニス部での試合実績
◆4才から始めた20年以上の経験年数
 




◆@〜Fの全てのプレー4種類を交互に使い分けできる技能
@フオアストローク /ドライブ・スピン・スライス・フラット /ショートクロス・ライジング・ショートクロスドロップ ・オープン
Aバックストローク /ドライブ・スピン・スライス・フラット /ショートクロス・ドロップ・ベースライン 
Bレシーブ    /ライデイングショートクロス・トップスピンショートクロス・ドロップ・バックハンドショートクロス 
Cボレー     /スライスボレー・スイングボレー・ドロップボレー /ショートクロスとベースライン 
D
スマッシュ     /スライス・逆スマッシュ・トップスピン・ジャンピング・座り込みスマッシュ /クロスTとベースラインコントロール 
Eサーブ     /左右正面・球種等を打分ける技能/トップスピン・スライス・高速スライス ストレート
Fロブ       /トップスピン・スライス・カットロブ・戦力的ロブ  
           /ミス誘うロブ・エースを取るロブ・デイフエンスロブの其々のコースと球種を分ける知識と技能
Sクラス G多彩なコンビネーション トリックプレー  
H豊富な経験 小中高テニススクール → 中高大学リーグ選手 →
I基本的な戦法とS・Dデイフエンスの基本的知識が備わっている高い経験