深くあわれむ力                マルコによる福音書第1章40〜45節
              

 「神の良き力」と言うことで、「神の力」について、今まで旧約聖書から共に御言葉を聴いてきました。今日からは、新約聖書の「マルコによる福音書」を通 して、「神の力」について、それが最も完全に、究極的に表されたイエス・キリストとその道を通して聴いてまいりたいと思います。
 「神の良き力」、それは完全に、救い主イエス・キリストにおいて表され、実行されました。そのイエス・キリストの、顕著な思い、気持ち、感情について、 今日の箇所は記しています。「イエスは深くあわれみ」。これが「力」なのです。それは、単なる感情、気持ちではありません。それは力、「神の良き力」で す。「深くあわれむ力」なのです。

 いったいそれは、どういう「力」なのでしょうか。どういう意味において、「力」なのでしょうか。それは、ここにこうして起こった状況を見れば、分かりま す。イエス・キリストのもとへ、一人の「重い皮膚病の人」がやって来ました。このこと自体が、もう既に「普通」のこと、尋常なことではないのです。
 この「重い皮膚病」と訳されている病、それは聖書の元の言葉では、「ツァラアト」という病気でした。「新共同訳聖書が『重い皮膚病』としているのは、原 語ツァラアトはハンセン病だけを指していない、もっと広い意味の皮膚病だからです。新改訳は『ツァラアト』とします。」(城倉啓、いずみバプテスト教会 ホームページより)「病人は、その衣服を裂き、その頭を現し、その口ひげをおおって『汚れた者、汚れた者』と呼ばわらなければならない。―――その人は汚 れた者であるから、離れて住まなければならない。すなわち、そのすまいは宿営の外でなければならない。」(レビ記13・45〜46)この病気にかかった人 は、共同体から隔離・排除され、町はずれに孤立して住まねばなりませんでした。健康な人たちが自分に近づくと、自ら「汚れた者、汚れた者」と叫んで警告を 発しなければならなかったのです。おまけに、宗教的に「汚れた者」、「神に呪われた者」と見なされ、神の愛と恵みから全く遠く、断ち切られた者としての烙 印を押されて生きるほかはなかったのです。
 そういうことを考えるならば、この人のこの行動そのものからして、既に大きな衝撃であったことが分かるのです。「ひとりの重い皮膚病の人が、イエスのと ころに願いにきて、ひざまずいて言った」。「こうして人中に出て来るのはあり得べからざることで、これを見た人は驚き恐れ、一斉に跳びすさり、はげしい罵 りの声をあげて追い払おうと致した。ある者は石を拾い、ある者は杖を振り上げ、今にもこの不埒な者を叩き出そうと身構えてござる。」(山浦玄嗣『ガリラヤ のイェシュー』より)しかしこの人は、そうして律法に違反し、社会の決まりと慣習と秩序を破りつつ、主イエスの足元に走り込んで来て、ひれ伏し、必死の表 情で訴えたのです。「みこころでしたら、きよめていただけるのですが。」
 このことを見るとき、この病の持つ「力」というものが分かってきます。病気というものは、人を身体的・精神的に損ない苦しめるだけでなく、宗教的・社会 的な力をもって、人と人とを分断し、差別や排除を引き起こし、人の心と生き方を縛り付けることができるのです。「この人を苦しめていたものは、肉体的苦痛 であると同時に、宗教的断罪であり、社会的疎外でした。三重の苦しみです。そういう苦しみは、形は変わっても、時代を超えて存在します。例えば、今日のエ イズをめぐる状況は、これととてもよく似ているのではないでしょうか。(注:これを「コロナ」と言い換えても、全く変わりないと思います)その意味で、こ の物語は決して過去のものになることなく、いつも新しい形で問いかけてきます。」(松本敏之『マタイによる福音書を読もう2』より)

 この人を見、この人が味わってきた苦しみを見て取り、この人の悩みと悲しみに満ちた人生を味わい見たとき、イエス・キリストはこのように思い、このように感じ、このように反応されたと、聖書は語ります。「イエスは深くあわれみ」。
 この「深くあわれみ」は、日本語では二つの単語から成っていますが、ギリシャ語では一つの言葉です。それは、「はらわた」「内臓」という言葉から来まし た。「相手への極めて強い共感や同情のゆえに、そのあまりに強く激しい感情のために、自分自身の内臓が張り裂け、破れてしまう、それほどの気持ち・思い」 なのです。そんな「憐れみ」は、自分の中に留まってはいません。それは満ち溢れて言葉となり、行動となってほとばしり出るのです。「イエスは深くあわれ み、手を伸ばして彼にさわり、『そうしてあげよう、きよくなれ』と言われた。」このイエスの行動、振る舞いを見るとき、あの「深くあわれむ」は、まさに 「力」であることが分かるのです。「『深くあわれむ』とは―――タブーを破り―――死んだ魂をよみがえらせる力である」、「さらには、声を出せぬ人の声を 聞きとる心だ」。(磯部隆『ローマ帝国とイエス・キリスト』より)

 「深くあわれむ心」、まずそれは、自分自身を変え、破り、動かすことのできる力です。何よりわたし自身に引き寄せ、引き比べてみれば、とてもよく分かる のです。このように苦しむ人に出会うときに、しかもあのように二重、三重に働く「病」の力、またこの世の罪の力、私たちの社会の悪の力のただ中でそのよう な人と出会うときに、心を動かし、体を動かし、生き方を変えて行動へと動き出すことが、なんとできないか。私たちは、あまりにも社会の慣習、圧力、「空 気」に、がんじがらめに縛られているのです。また、差別の心、偏見そして恐れに囚われているのです。だから、あたかも凍り付き、固まってしまったかのよう に、動き出すことができないのです。しかし、イエスの「深くあわれむ心」は、イエスのうちに働いて、イエスをまさに自由なものとしました。隣人の苦しみに 大きく開かれ、その人へとまっすぐに向かい、彼の求めと訴えに打てば響くように答える自由。そのようにして神の御心に対して柔軟に反応し、すぐさま行動へ と踏み出し、新しい生き方と踏み入って行く、そのような自由へとイエスを促し、押し出したのです。

 「深くあわれむ心」、だからそれはまた、強く固い社会の慣習、法、秩序さえも、時には破り、越えて行く力です。それらによって影響されず、束縛されず に、かえってその不都合と不自由、そして悪を乗り越えて行く力なのです。聖書にはいろいろなものが描かれていますが、私はここに「音」もあると思います。 劇画・漫画調で言えば、「ガッシャーン、バッリーン」という音、物が割れ、壊れる音です。「イエスは深くあわれみ、手を伸ばして彼にさわり」。この病の人 の周囲には、分厚く固い「壁」があったのです。差別の「壁」、偏見の「壁」、束縛と排除の「壁」。しかし、主イエスはその「壁」にまったく構わずに、手を 伸ばし、その「壁」を打ち砕き、ぶち破り、叩き壊して、彼に触れられたのです。ここで「音」を聞いてほしいのです。「ガッチャーン、バッリーン」と、 「壁」をぶち破り、打ち壊してしまうその「音」を!

 「深くあわれむ心」、そのようにしてそれは、この人に対する神の愛と御業を積極的に行い、成し遂げる力です。「手を伸ばして、彼にさわり」。皆さん、こ のイエス様の「触り方」は、どんなだったと思われますか。恐る恐る、おずおずと、そうっと手を伸ばして、さっと触って、すぐ引っ込めたような感じでしょう か。いいえ、全く。「ハプトマイ(注:『さわる』)の辞書の第一の意味は、『自分自身を括りつける』『つかむ』です。ここから派生して、『深い交わりを持 つ』『従事する』、あるいは『把握する』『理解する』という意味に広がります。『触れる』という意味ももちろんあり、そこから『到達する』『実行に着手す る』という意味にも広がります。ちなみに本多哲郎は、『触れる』を『抱きしめる』と訳しています。」(城倉啓)また、こう訳す方がいます、「ガッチリと掴 み」(山浦玄嗣)。主イエスは、この人を「がっちりとつかみ、抱きしめた」のです。そのようにしてイエス・キリストは、この人に対する神の愛と真実、その 解放し、いやし、立ち上がらせる力を表されたのです。「イエスは深くあわれみ、手を伸ばして彼にさわり、『そうしてあげよう、きよくなれ』と言われた。」 「そうしてあげよう」、「わたしは願う」、「わたしの心だ」、「あなたは神に愛されている。神とあなたとの間に、何の『壁』も『溝』も隔てもない。神はあ なたを愛し、わたしは今あなたをいやす」。「すると、重い皮膚病が直ちに去って、その人はきよくなった。」こうして、この人の上に「神のお取り仕切り」は 行われ、この人を神は愛しておられ、この人は丸ごと神のものであるということが明らかにされたのです。

 「深くあわれむ心」、それは「はらわたを裂く」ほどの愛の心、愛の力です。だから、この「心」に動かされるとき、人は、ある意味で「ただではすまない」 のです。「深くあわれむ心」、それはイエスをあの十字架にまで連れて行く心、力なのです。あの十字架においてイエスは、「心」「はらわた」のみならず、本 当にご自身の肉を裂き、体丸ごとを裂いて、神の愛と真実に生きておられるのです。このイエスの十字架を仰ぐとき、私たちはこのように思い、このように語る のではないでしょうか。「絶望の淵にある人に―――滾る力とどでかい希望を分け与える意味で大切と、わたしは心を撃ち抜かれたのです。」(小嵐九八郎『天 のお父っと なぜに見捨てる』より)
 以前に連盟で行われた若い人たちの研修会、「少年少女隣人に出会う旅」で、ハンセン病療養所「大島青松園」を訪れた一人の方の証しをご紹介します。ここ にも、イエスの「深くあわれむ心」によって、「心を撃ち抜かれた」人がいるのです。「私が―――一番心に残っているのは―――『青松園』を訪問し、クリス チャン入所者(ハンセン病元患者の方)三人の証しを伺った事です。日本における明治以降のハンセン病強制隔離政策では―――いったいどれだけの涙が流され ただろうと思うと胸が痛みました。でも、三人の方々が私たちに話してくださったのは憎しみや怒りではなく、イエスさまに出会って自分がいかに変えられた か、生かされていることや多くの人に親切にしてもらったことへの感謝、喜び、創られたものはすべて神様に与えられた役割がある、という励ましに満ちた証し でした。その場にいた全員で教団讃美歌90番『ここも神の御国なれば』を歌ったときの感動は忘れられません。真ん中に主なるイエスさまがいて、弱いときに こそ強くされ、イエスさまの光と愛に満ちているこの場は―――まさに神の御国だ!と感涙しました。これからも神の御国にとどまり続け、受けた恵みを多くの 人に流していきたいです。『いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。』」(日本バプテスト連盟『2013少年少女・隣人に出会う旅 報告・感想文集』よ り)
 イエスの「深くあわれむ心」、それはイエスを動かし、この病の人を動かしたように、今イエスと出会い、イエスに聴く、私たち一人一人また教会をも問いかけ、促し、動かして行くのです。「神の良き力」、「深くあわれむ心」!

(祈り)
天におられる私たちすべてのものの神、御子イエスを死の中から起こし、復活させられた神よ。
 主イエスは、一人の人と出会い、その苦しみを知り、「深くあわれむ心」を持たれました。それは、イエスの内から湧き上がる力となり、この人をいやし立ち 上がらせる力となりました。主はまた私たちとこの世界を見られるとき、同じ心、「深くあわれむ心」を持ってくださいます。どうか、それが私たち一人一人ま た教会をも動かす力となり、また人の罪とこの世の悪をも破り、乗り越えて行く力、また病み、苦しみ、悩む人を解放し、赦し、立ち上がらせて行く力とされま すよう、切に祈り、期待し、待ち望みます。
まことの道、真理また命なるイエス・キリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。

戻る