イエスから伝えられる伝道                  マルコによる福音書第2章13〜17節

 
  「アルパヨの子レビが収税所にすわっているのをごらんになって」。取税人レビが、座っています。そこに座り続けるレビの姿があるのです。「当たり前ではな いか、取税人が収税所に座っているのは、仕事なのだから、当たり前ではないか」、そう思うかもしれません。しかし、この時の周りの状況を思えば、このレビ の姿は浮き上がっています。なぜならば、多くの人々、おびただしい人々が、主イエスの後を追って忙しく動き回っていたからです。「イエスがまた海辺に出て 行かれると、多くの人々がみもとに集まってきた」。周りが皆激しく動いている中に、じっと動かず座っている人、それがレビの姿でした。「動」の中の 「静」、ただ一点、レビの周りだけが何の動きもなく、時間も空間も凍りついて止まってしまっているかのようです。「多くの人々がその日の仕事をほうり出し て、主イエスのあとを追っているのです。レビもその仕事を一時投げ出してもよかったのです。町がからになって、取税人の仕事もなくなったでしょうに。」 (渡辺信夫『マルコ福音書講解説教T』より)
 「収税所」というのは、道の場所場所に設けられたもので、その道を通る人を立ち止まらせて、税金・ 通行税などをふんだくる、いやーな場所です。そこにレビが座っていたのは、彼がまさにその税金を取り立てるのが仕事の、取税人だったからです。彼は「取税 人」として、その仕事をするために、収税所に座っていたのでした。
 当時の社会で取税人は、人々から大変嫌われていました。なぜなら、当時のユダ ヤを支配していた権力、しかも外国の権力であるローマや、その手下であるヘロデ王に仕えて、同胞のユダヤ人から、取られて嫌な税金を、しかも多くの場合、 不当に多く取り立てる、そんな仕事をしていたからです。そこで彼ら取税人たちは、ユダヤ社会から嫌われ、差別され、排除されていました。

 そんなに多くの人々が立ち上がってイエスを追っている中で、あえて座り続けるレビ、なぜレビは立たなかったのでしょうか、いや、なぜ立てなかったのでしょうか。
  レビ自身が抱える問題の深刻さは、同じ境遇の別の人との比較で、よけいにきわ立ちます。同じ取税人でザアカイという人が、別の箇所に出て来ます。同じ取税 人なのに、ザアカイはイエス様をなんとしても見たいという思いに駆られて立ち上がり、走り回り、さらには木にまで登ってしまうのです。積極的と言います か、このレビとはえらい違いです。
 レビは、立ち上がろうにも立ち上がれなかったのではないでしょうか。根が生えたようにして、座り込むよりほか はない、そんな心と体と生活の状態だったのではないでしょうか。彼を押さえつけ、座り込ませていたもの、それはユダヤ社会の偏見でしょうか、またそれだけ ではない諸々の社会の圧力でしょうか、生きて行くためにどうしてもこの仕事をやめるわけにはいかないという貧困の脅威でしょうか、ローマ帝国支配の網の目 から抜け出せないという国家と社会の恐るべき束縛の鎖でしょうか、はたまたザアカイのように積極的には動き出せないという、レビ特有の性格や境遇によるも のでしょうか。いずれにしても、レビは立ち上がれなかったのです。そして、そのような人は、レビだけではない、あちこちにきっといるのです。それほどに、 人間は決して自由ではなく、この人間の社会もまた自由ではないのです。「今の世にも、やはりレビがいるのではないでしょうか。かれはキリストを慕って行く 人の群れを見ています。人々が聖書と讃美歌をかかえていそいそと教会にやって来るとき、この孤独で虚無的なレビは、じっと見ているのです。そして自分は来 ようとはしないのです。―――私たちが注目しなければならないのは、イエスのあとに従って行く多数者ではないはずです。わたしたちは自分自身をこの群衆の 中にまぎれこませてはなりません。わたしこそこのレビだったのです。レビの問題がわたしの問題だったのです。」(渡辺信夫、同上)

 そん なレビ、座り続けるほかはないレビに、決定的瞬間が訪れます。なぜなら、主イエスがそんなレビがいる所へと進んで行かれたからです。主イエスはレビの真ん 前に立ち、そしてレビを「ごらんになって」と記されます。「ごらんになって」、見て、当たり前じゃないかと言わないでください。何をどう見るかに、その人 自身が表れます。「目の付け所が違う」のです。ほかのすべての人は、レビをそもそも「見る」ことができなかったでしょう。「いつもの何も変わらない光景」 と、何も見ずに、そこを通り過ぎて行ったでしょう。またある人は、見るには見るが、「ああ、またあのいやな取税人がいる」と、嫌悪の表情を露わにしつつ、 目をそらすようにして仕方なく見ていったことでしょう。
 しかし、主イエスは、イエスこそは、彼レビを真正面から「ごらんになった」のです。そし て、彼のすべて、彼の生涯・境遇・思い、失望・諦め・悲しみ・怒り、そして願い・希望・求め、ありとあらゆる彼のすべてを一瞬にして見て取られたのです。 その眼差しには、主イエスの意志と力と権威が込められていました。
 次の瞬間、主イエスはただ一言レビにこう言われました。「わたしに従ってきな さい。」すると、驚くべきことが起こります。「すると彼は立ちあがって、イエスに従った。」このイエスの一言が、彼に力を、全く新しい力を与えたのです。 彼の体と心と生き方に、電流が通じたかのようにして新しい力が注がれ、彼は立ち上がりました。イエスの「はらわたを裂くほどの憐れみ」、そうしてほとばし り出る愛が、電流のようにレビへと伝えられたのです。すると、今までのありとあらゆる圧力と束縛を振り捨てるようにして、自分自身へのこだわりと囚われを も脱ぎ捨てるようにして、レビは立ち上がりました、立ち上がらされたのです。主イエスの御言葉と招きは、人を立ち上がらせる力、どんな圧力と束縛と囚われ の中からも人を立ち上がらせる力を持つのです。
 「立ち上がらせる」、「立ち上がる」とは、「復活」を表わす言葉です。やがて墓の中から、死人の 中から、陰府の底から立ち上がらされ、立ち上がられたお方、復活された方の御言葉だからこそ、それはこの力を持つのです。復活の主イエスの御言葉は、人を 立ち上がらせるのです。イエス・キリストはおっしゃいます。「わたしはよみがえりであり、命である。」「わたしは人を立ち上がらせる。束縛と圧迫と絶望の 中から、そして死の中からさえも立ち上がらせ、わたしはその人を神の前でいきいきと生かす。」

 ここから、レビの新しい生活、新しい生き 方、新しい歩みが始まるのです。主イエスから発せられ、イエスが伝えてくださった愛の言葉と力が、彼の生活を道を新しく切り換えて、進み行かせるのです。 「それから彼の家で、食事の席に着いておられたときのことである。多くの取税人や罪人たちも、イエスや弟子たちと共にその席に着いていた。こんな人たちが おおぜいいて、イエスに従ってきたのである。」
 私たちは少し誤解をしているかもしれません。「イエス様に従って弟子となったとき、レビはすべて を捨てたのだ。」でも、これはいったいどういうわけでしょうか。今でも、レビには「家」があり、「食事」を出すための、宴会を開き多くの人々にごちそうを 出すお金もあるのではないですか。イエスに従うことへと導かれるとき、私たちはその「持てるものすべて」、「生きることすべて」が全く転換されるのです。 列車が転轍機を経ることによって新しい方向へと切り換えられるように、私たちの生きる道、方向性、その目的、目標、その内容、その対象、相手が全く変えら れるのです。
 それは、レビにとって、多くの人たちと共に、とりわけ同じように、社会からの差別と排除に苦しんでいる人たちを自分のところに招い て、共に食事をし、イエスを中心として交わりの席、そして共に生きる場を設けることでした。それは、イエスを信じる私たちにとっても、今までにない広がり と交わりの中に生きることです。分かち合って共に生きることです。レビはきっと友だちも少なく、同じ取税人でも親しくなかったと思います。なぜなら、この 世の権力は、弱い者たちを分断して支配しようとするからです。しかしその中へとイエスの愛と力が伝えられるとき、この一人の人レビを通して、それが変えら れて行くことが起こるのです。この場を開き、この交わりを始める力は、レビが主イエスから伝えてもらい、いただいたものだったのです。
 私たちも 同じです。私たちの伝道は、「イエスから伝えられる伝道」です。イエス様から愛を伝えていただいて、イエス様から愛の力を伝えていただいて、座り込んでい たところから立ち上がらされ、そこから私たちの新しい生き方と道が始まって行く。そしてそれが他の人々へと、イエス様の力によって伝わって行くのです。

  このことによって、問いかけが、いや批判が、多くの人からイエスに向かって寄せられます。「なぜ、彼は取税人や罪人などと食事を共にするのか。」「『一緒 に食事をする』という表現は、日本語で『同じ釜の飯を食う』という言葉と同じように、『仲間としての付き合いをする』という意味を含んでいる。単に、たま たま一緒の席で食事をするということではないのである。『一緒に食事をする』という行為は、その人たちと一緒の仲間になるという『宣言』でもあった。だか ら、ファリサイ派の人々にはイエスの行動が理解できないのである。」(鈴木浩『ガリラヤへ行け』より)イエスから起こり、始まり、伝えられて行く神の愛と 力は、この世の池に石を投げ込み、社会に問いかけを発し、矛盾と葛藤を引き起こすからです。イエスは答えられました。「丈夫な人には医者はいらない。いる のは病人である。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
この言葉が、イエスをやがて十字架へと連れて行くのです。
  「教会は、信仰告白共同体である。一方イエスは、疎外された者たちと食卓を共にされた。それは現代の教会がもはや重視しない『食卓共同体』の姿である。 ―――イエスの共食の意味するところは『罪人』との食卓共同体であった。イエスと共に食事をしているのは、取税人・罪人である。これらの人々は『その社会 組織から疎外され、軽蔑された』人々であった。―――それは『仲良しの共食』ではなかったのだ。疎外され、隔てられた者たちとの食事は、すぐさまパリサイ 派の人々の批判を招いた。『なぜ、あなたたちの先生は徴税人や罪人と一緒に食事をするのか』。―――しかし、イエスはこの食卓に着かれた。この食事が最後 にはイエスを『罪人』として十字架へと追いやった。食卓共同体は、十字架の共同体であり、『罪』(苦難、不幸、嘆き、悪)の引き受けを伴っていた。」(奥 田知志「宣教の課題としての無縁との闘い」より、日本バプテスト連盟ホームレス問題特別委員会編『「ホームレス」と教会』所収)

 イエ ス・キリストから、神の愛と力を伝えられ、いただいて、立ち上がらされた私たち教会は、このイエスの食卓に共に招かれ共に座っているのです。あの問いかけ や批判も共に受けるでしょう。しかしまた、この喜びと幸いをも共にいただくのです。「イエスから伝えられる伝道」、それが私たちの伝道であり、私たちの証 しなのです。

(祈り)
天におられる私たちすべての者の神、御子イエス・キリストにおいて私たちを極みまで愛された神よ。
 座り込んでいたレビ、座り続けるほかなかったレビを、主イエスはごらんになって、「われに従え」と御言葉をかけてくださいました。その御言葉こそ、一瞬にして彼をそこから立ち上がらせ、新しい生き方と道へと彼を導き入れる力でした。
  私たちもイエス様によって見ていただいて、お声をかけていただいた者たちです。イエスからあなたの愛を伝えられ、いただいたこと、それが私たちの新しい力 であり、命です。それが私たちの伝道であり、証しです。どうか、このイエスの道を、私たち教会とその一人一人が共に、喜んで歩み、多くの人をそこへと招く ことが許されますように。
まことの道、真理そして命なる救い主イエス・キリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。

戻る