切に望んだ感謝の食事                   ルカによる福音書第22章14〜24節

 
  主イエスがろばの子に乗ってエルサレムに入場されたその週の第五日目、今で言うなら木曜日の晩です。イエス様は弟子たちと共に、静かで、満たされた食事の ひと時を過ごしておられました。そして、はからずも、これがイエス様にとっての、また弟子たちと共にする「最後の晩餐」となったのです。この食事は、イエ ス様にとって、またイエス様を信じる者たちにとって、決して忘れることのできない食事、決定的な出来事となりました。二千年たった今でも、キリストの教会 に連なる私たちは、この時の食事を「主の晩餐」として、毎月必ず覚え続けているのです。

 この「最後の晩餐」、それはどんな食事であった と思われますか。どんな雰囲気の、どんな内容の食卓であったと思いますか。伝統的な「主の晩餐」のイメージ、あるいはもっと言えば「聖餐式」のイメージと いうものから、私たちはこのイエス様の「最後の晩餐」を、「厳粛な」「おごそかな」「重々しい」というようなものとして想像しがちではないでしょうか。
  また、この時のイエス様を取り巻く状況を考えてみますと、それは大変に厳しいものであったと思います。あんなにイエス様を熱狂して迎えた群衆の熱は醒め、 かえってイエスに対する失望感、幻滅といったものが強まっている。もともと敵対的であった祭司など神殿の支配階級、また教えの面で激しく対立するパリサイ 人や律法学者は、これを幸いとイエスを陥れ、あわよくば殺し葬り去ろうと狙っている。支持者はどんどんり減ってきて、周りは敵ばかり、そして役人や暴徒が イエスを捕らえに来るのも今日か明日かというような状況です。そうした中にあっての食事などというのは、実に孤独で寂しい、心細くわびしいものであったか もしれない、などと思ったりもします。
 そういう中から私たちが考える「最後の晩餐」のイメージは、「厳粛」「重々しい」、あるいは「孤独でわびしい」というものでしょう。

  しかしここには、実に意外な事実があるのです。この食事を弟子たちに用意させ、いよいよこの食事に臨んだ主イエスは、弟子たちに向かって、開口一番こう言 われるのです。「時間になったので、イエスは食卓につかれ、使徒たちも席についた。イエスは彼らに言われた、『わたしは苦しみを受ける前に、あなたがたと この過越の食事をしようと、切に望んでいた』。」
 イエス様はこの食事をしようと、「切に望んで」おられたのです。「切に望む」、これは大変強い 言葉、強い言い方がされています。まずこれは、「欲望」というような感じの言葉なのです。聖書の中では、けっこう悪い意味で多く使われているような言葉な のです。「ほんとうは望んではいけないものを、あえて強烈に望み、求める」というような意味です。それくらい強い、強烈な「望み」、願いです。しかも、こ の言葉が二度繰り返されていて、「欲望を欲望した」というような言い方がなされています。これは、「強調」です。「望みに望んだ」といった感じです。イエ ス様は、この食事を「望みに望んで」、待ちに待って、そうしてようやくそれがかなったのだというのです。ですから、ここには「孤独でわびしい」とか「厳粛 で重々しい」というようなことよりもずっと、「期待」「楽しみ」「興奮」というような、ふつふつと熱く燃えるような「熱望」というものが、イエス様の胸の 中には渦巻いていたではないかと想像するのです。その証拠に、この中で主は「杯を取り、感謝して」おらるのです。「待ちに待ち、望みに望んで、その末に やっと実現した食事なので」、「感謝」し、「感謝」にあふれておられたのです。

 そのようなイエス様の思い、それはいったい何だったので しょうか。私は、一言で言って、それは「愛」であったと思います。弟子たちへの熱く燃える愛です。「あなたがたと食事をしようと切に望んだ」と言っておら れます。でも、この愛は単純・簡単ではありません。むしろ、初めに述べました外的な状況以上に、困難なものがありました。なぜならば、ここに共にいる弟子 たちは、一言で言って「裏切る者」たちであったからです。
 主は、この食事の真っ最中にこう語られました。「わたしを裏切る者が、わたしと一緒に 食卓に手を置いている。」イエス様を裏切り、売り渡すユダがその場に共にいたのです。また、それはユダだけのことではありませんでした。この言葉があった 直後に、弟子たちは「自分たちの中でだれがいちばん偉いだろうかと言って」、論じ始めたのです。それは、実質的にイエス様の道から離れ、それに背いて行く 道でした。実際彼らは皆、後に「イエスを見捨てて、逃げ去った」のでした。またここでは、一番弟子ペテロの卑劣な挫折が予告されています。「ペテロよ、あ なたに言っておく。きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう。」ここには、まさにこの食事の場には、裏切る者ユダが同席してい るだけでなく、弟子たちの不真実と罪があるのです。この「最後の晩餐」は、痛みと悲しみを伴う、イエス様の死を目の前にした食事だったのです。
  しかし、イエスの燃えるような愛は、弟子たちの不真実と罪を超えるのです。人間的に言えば、「できの悪い子どもほど可愛い」というようなことかもしれませ ん。こんな弟子たちだからこそぜひとも食事を共にしたい、こんな彼らにこそどうしても分かち合い伝えなければならないことがある、そう主は思い、願い、望 まれたのではありませんか。

 それはいったい何だったのでしょうか。
 まず、これが「過越の食事」であった、ということです。 「あなたがたとこの過越の食事をしようと、切に望んで」と言われます。イスラエルでは、毎年必ずこの時期に「過越の祭」を行い、その中でこの「過越の食 事」を、家族や親しい人たちの間で共にするのでした。「過越」、それはかつての「出エジプト」の出来事を思い起こすものです。かつてイスラエルの民は、エ ジプトで苦しい、辱めに満ちた奴隷の生活を送っていました。しかし、主なる神は、かれらを憐れみ、思いやり、指導者モーセを立てて、かれらをそこから導き 出し、救い出されました。それは、神の解放の御業であり、人間の自由への救いでした。それだけではありません。イスラエルは、「神の民」として、神様と しっかりと、切っても切れない関係へと結び合わされたのです。それは、神が立てられた救いであり、交わりだったのです。イエス様は弟子たちにに向かって、 「あなたがたも神と結ばれている、確かに愛をもって結ばれているのだ」と伝えたいと思われるのです。これから自分たちが直面する挫折と過ちと絶望にあって も、神はあなたがたを愛してあなたがたと共におられる、これをこの食事を共にして分かち合い伝えたい、それがイエス様の切なる願いでした。

  それだけではありません。この神との関わり、交わりを、主イエスはご自身によって、新しくそして決定的に強め、深め、確かなものとされるのです。「パンを 取り、感謝してこれをさき、弟子たちに与えて言われた、『これは、あなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしを記念するため、このように行い なさい』。食事ののち、杯も同じようにして言われた、『この杯は、あなたがたのための流すわたしの血で立てられる新しい契約である』。」「主イエスのから だ」、そして「血」は、イエス様御自身の存在そのもの、その生涯そのもの、イエス様の御愛そのものです。また、これから主が進んで行かれるであろう十字架 の道とその苦しみを指し示しています。
 交わり・関わりの深さは、相手のためにしようと思うことの大きさによってわかると思います。主イエスは、 御自身の「からだと血」をもって、神と人間との関係を新しくし、結び直し、その結びつきを切っても切れない堅いものにしようとされるのです。神は、御自身 の「血と肉」をもって、私たちと御自身を結びつけ、共にあろうとされるのです。このことを主イエスは心から喜び、望み、神もまたお喜びになるのです。主イ エスは、「罪人」の代表である弟子たちと同じ食卓に共につき、その彼らとパンと杯を共にし、その彼らとイエスは連帯されるのです。主はその彼らの罪を引き 受け、背負われるのです。そのようにして主はこの後、十字架の道を行き、死を遂げられるのです。

 さらに、この主イエスの熱望、切望は、 将来を望み、目指していました。この「最後の晩餐」は、「神の国」を目指し、待ち望む食事だったのです。「あなたがたに言っておくが、神の国で過越が成就 する時までは、私は二度と、この過ぎ越しの食事をすることはない。」ここでは否定形で言っていますが、言い換えれば、「必ず神の国への『過越』、解放と導 きは実現し、その時にはもう一度この食事を共に喜び食べる」ということでしょう。
 「神の国」、それはこの「晩餐」がそのモデルとなり、しるしと なるのです。神の国は「食事」であり、「交わり」なのです。神と人の関係、そこで持たれる人と人との関係、その共なる喜びが「神の国」なのです。それが、 主イエスが示された「共にある」「仕える」「連帯する」「互いの重荷を負い合う」ということが救いとなり、模範となり、喜びとなるような交わりなのです。 また、それは何より、その中心に復活の主イエスがおられ、人間と世を愛してやまない神がいてくださる、そういう食事であり、そういう交わりなのです。だか ら、この「晩餐」には、悲しみ・痛みの中にも、喜びがあり、希望がありました。今でも、この「晩餐」を覚えつつ、私たちが「主の晩餐」を共にするとき、そ こには希望があり、目標があり、励ましがあり、導きがあるのです。
 「その日まで、わたしたちは希望をいだき続けなければならないのです。それで も主の晩さんはすばらしい祝宴の前触れであるということはできます。教会は、人類が罪と死の力から最終的に解放され、目から涙をことごとくぬぐわれる日へ の希望を、主の晩さんにあずかるたびに新たにされるのです。」(高市和久氏)

 「最後の晩餐」には、主イエスの熱望・熱愛、大いなる喜び と感謝、そして尽きない希望と確かな待望がありました。この同じお方、同じイエス・キリストが、今も私たちと共におられます。このイエス・キリストが今 も、私たちの「主の晩餐」と、「主の晩餐」から始まって行く私たちのすべての生活と人生、教会生活、信仰生活のただ中に、共におられるのです。私たちの歩 みと生き方と道は、いつもこの「最後の晩餐」を「切に望み、感謝」されたイエス・キリストから、方向性と力と、そして希望をいただくのです。
 そ れは、どんな歩み、どんな道なのでしょうか。「イエスが言われた、『異邦の王たちはその民の上に君臨し、また、権力をふるっている者たちは恩人と呼ばれ る。しかし、あなたがたは、そうであってはならない。かえって、あなたがたの中でいちばん偉い人はいちばん若い者のように、指導する者は仕える者のように なるべきである』。」
 この御言葉に導かれた初代教会の人々はこのように生きた、と語られています。「『初期キリスト教宣教の革命的性格は、とり わけ、キリスト教共同体において存在するようになった新しい関係において現された。ユダヤ人とローマ人、ギリシア人と未開人、自由人と奴隷、富める者と貧 しい者、女と男か、お互いに兄弟姉妹として受け入れた。』厳しい差別社会であり階級社会であった当時の世界にあって、そうした隔ての壁を越え、お互いを人 間として認め合い、受け入れ合う交わりが存在していたことがキリスト教会の大きな魅力だったというのです。またこうも書かれています。『彼ら(キリスト 者)がこの世をまとめる方法は、明らかに、すべての人に対する愛と奉仕の実践であった。―――初期のキリスト者が、貧しい者、孤児、やもめ、病人、鉱山労 働者、囚人、奴隷、旅行者の世話をした注目に値する光景―――』ここでは過酷な現実の中で苦しむ人々に対するキリスト教会の愛と奉仕のわざが、人々を引き つけていったと記されています。」(越川弘英氏)
 私たちも、この「主の晩餐」から出発して行きます。この食卓・交わりの中心におられるイエス・キリストによって、「切に望んで、感謝する」、喜びと希望の歩みへと、共にあり仕え合う生き方へと、この主イエスによって送り出されてまいりましょう。

(祈り)
イエス・キリストによって、私たちすべての者を極みまで愛された神よ。
  私たちの教会の交わり、「主の晩餐」から始まる交わりの真ん中に、今もイエス・キリストがいてくださることを、心から感謝いたします。今も「望みと感謝の 主」として私たちの中にいまし、私たちに信仰と希望そして愛の力を与えて送り出してくださる主を、感謝いたします。どうか今週も、このお方と共に、あなた が出会わせてくださる一人一人と共に生きていけますようお導きください。
まことの道、真理そして命なるイエス・キリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。

戻る