「インマヌエル」の挑戦        イザヤ書第7章1〜4、10〜17節

 
 今日から、イエス・キリストの誕生の出来事、クリスマスに向けて準備をするアドヴェントの期間が始まります。そこで私たちの礼拝では、しばらくの間旧約聖書から、救い主の誕生・到来を告げる言葉を、共に聞いてまいりたいと思います。
  さて皆さん、イエス様には別名があったことはご存知でしょうか。「そんな」と思われるかもしれませんが、実はあったんですね。そのイエス様の別名とは、 「インマヌエル」です。マタイの福音書の最初に「この方(イエス)は、インマヌエルと呼ばれるであろう」と語られています。それは、「神が我々と共におら れる」「神我等とともにいます」という意味です。そのイエス様の別名「インマヌエル」、それが最初に出て来た箇所が、今日取り上げましたここなのです。

  「インマヌエル」、この言葉が最初に語られたのは、どんな状況の中だったのでしょうか。「クリスマス」と言うと、私たちはよくこんなイメージを浮かべま す。「うきうきする気分、暖かい家、楽しいおしゃべり、わくわくするプレゼント、ほっとできる満ち足りたひと時」。ところが、このクリスマスを指し記す言 葉は、それとは全く違った状況の中で語られました。その中へと「挑戦する」ようにして、この神の言葉は来るのです。
 それは戦争の噂と不安の渦巻 く時、生々しいこの世の現実のただ中へであったのです。今から二千七百年も前のユダの国、今でいうとイスラエルが舞台です。イスラエルの国はもう全盛期と はほど遠い衰えの道を進んでいました。そもそも、国が二つに分裂し北のイスラエルと南のユダになってしまっていました。
 今やそのユダの都エルサ レムが、軍隊によって包囲されてしまったのです。それは、ユダの兄弟国イスラエル別名エフライムと北の隣国シリヤの連合軍でした。かれらは、こうして弱い 国々が連合して力を合わせることによって、当時の世界を支配していた超大国アッシリアに対抗しようとしていたのです。そこで、兄弟国のユダにも「仲間にな らないか」と持ちかけたのですが、ユダの王アハズはこれを断ったのでした。そこで怒ったエフライムたちの連合軍が、エルサレムを取り囲んでユダの国をなき ものにしようと迫って来たのです。なぜなら、ユダの王と人々は、連合軍に入るよりは、「寄らば大樹の陰」で、むしろアッシリアに近づき、アッシリアに頼ろ うとしていたからです。しかしその結果、今都が包囲されて、王と人々の心は、大風に木々が揺れるように激しく動揺していたのです。「王の心と民の心とは風 に動かされる林の木のように動揺した。」
 皆さん、これがクリスマスの言葉が語られるべき状況です。それは、まさにこの世の争いと葛藤と不安の 真っ只中です。そこでは「力と常識と計算しか通用しない」と思われている、心は木々のように揺れ動き、生き方は不安と恐れに駆り立てられて、自己中心とな り他の人を顧みることもなく、誰も彼も我を忘れてあれこれと走り回って、でもどこへ行くのか全く分からない、そんな状況、そんな世の中なのです。

  その時、預言者イザヤへの召命が起こります。神様がイザヤに、「王アハズに会いに行け」と言われたのです。しかも、息子シャル・ヤシュブを一緒に連れて行 けと言われたのです。この子の名前がもう神様のメッセージになっています。「残りの者は帰って来る。信じる者は信じる。いったいあなたは信じるのか。」イ ザヤが来たとき、王は都の貯水池と水路を見ていました。これから来るであろう戦いに備えて、最も大切と思われる水の補給路を確認しようとしていたのです。 この世的に考えるならば、彼は有能な知恵ある王でしょう。しかし、そこにこそ落とし穴があったのです。このことを示すためにこそ、預言者イザヤはそこで王 と出会わなければなりませんでした。
 イザヤは王に語りかけます。「気をつけて、静かにし、恐れてはならない。」「レヂンとスリヤおよびレマリヤ の子が激しく怒っても、これら二つの燃え残りのくすぶっている切り株のゆえに心を弱くしてはならない。」「この事は決して行われない。また起ることはな い。」恐れるな、またあわてるな。今、あなたを攻め、脅かしている二人の王は、あなたを愛し守っている神の前に取るに足らない「燃え残りの切り株」のよう なものだ。だから、彼らを恐れないで、この神をこそ信頼しなさい。これは暗に、だからいかに人間的・この世的に強かろうと、神でないアッシリアの力に頼っ てはならない、神にあって中立を貫けという勧めをも含んでいるのです。しかしアハズ王は、このイザヤの言葉を軽んじて信じませんでした。あまりに政治的現 実を知らない非常識な理想論のように感じたからです
 それならばと、恵み深い神はさらにイザヤによってこう提案し、迫られます。「主は再びアハズ に告げて言われた、『あなたの神、主に一つのしるしを求めよ、陰府のように深い所に、あるいは天のように高い所に』。」「そんなに信じられないのなら、信 じるためのしるし・証拠を求めてごらんなさい。どんな所に、どのように求めても、わたしはそれを与えよう。なぜなら、わたしはあなたの神だからだ。」実に 忍耐深い、気前の良い神様です。しかし、アハズ王はこのような答えを返しました。「わたしはそれを求めて、主を試みることはいたしません。」いかにも信心 深そうな答えですが、王の本音は別にあります。「わたしは、神を信じるためのしるしなどはいりません。アッシリアの人間的な助けで間に合っています。むし ろ、そちらの方が確かで、頼りになると思います。」

 これほどの頑固、これほどの不信に対して、神はどうされるのでしょうか。神は今こそ しるしを与えてくださるのです。アハズが求めたのでない、求めようともしなかった、神ご自身のしるしを与えてくださるのです。信仰へと決断できないアハズ 王、信心深そうな顔をしながら実は人間的な力と助けに頼ろうとするアハズ、しかしそんなアハズと彼に代表されるユダの民に向かって神はなおも一方的に恵み と救いのしるしを与えようとしてくださるのです。それこそがインマヌエルの言葉だったのでした。それは、アハズだけではない、私たちすべての人間に対する 「真っ向勝負」の語りかけ、「挑戦」の言葉なのです。「そこでイザヤは言った、『ダビデの家よ、聞け。あなたがたは人を煩わすことを小さい事とし、またわ が神をも煩わそうとするのか。それゆえ、主はみずから一つのしるしをあなたがたに与えられる。見よ、おとめがみごもって男の子を産む。その名はインマヌエ ルととなえられる。』」
 神はこう言われます。「あの女の人を見よ。」この「おとめ」とは誰でしょうか。この言葉はよく「処女」という意味に取ら れますが、元の言葉は必ずしもそうではなく、むしろ一般に「結婚している若い女性」を指すようなのです。それは、きっと王も預言者イザヤもよく知っていた 女性だったと思います。王の妻か、預言者の妻か、あるいは二人が話していた所をふと通りかかった女の人かもしれません。いずれにしても、「あの女の人」と 言えばすぐわかったのです。その人はお腹に子どもを宿していて、もうすぐその子が生まれそうでした。その子が、「インマヌエル」「神、われらと共にいま す」ということのしるしとなる。
 なぜならば、こう言われます。「その子が悪を捨て、善を選ぶ事を知ることになって、凝乳と、蜂蜜を食べる。それ をこの子が悪を捨て、善を選ぶことを知る前に、あなたが恐れている二人の王の地は捨てられるからである。」その子が成長して物心ついて善悪の区別ができる ようになるまで、だから決してそんなに長い年月ではありません、数年のうちのことです。その短い間に、王アハズよ、あなたがたが恐れている二人の王は、神 によって倒されてしまうのだ。こうして、これから生まれて来る赤ちゃんは、「インマヌエル」、「神様が私たちと共にいてくださる」ということのまぎれもな いしるしとなるのだ。
 しかしもし信じないならば、このしるしをアハズが拒否するならば、それは救いではなく、むしろ災いそして裁きとなるのだ。あなたが頼みとしたアッシリアが、あなたの敵となって攻め込んでくるのだ。

 この子の名前は「インマヌエル」、それは神様の私たちへの挑戦です。「神我らと共にいます」、あなたはこれを信じるのか、それとも信じないのか。
  「インマヌエル」、それはイエス・キリストを指し示す言葉です。「神我らと共にいます」、本当に神は私たちのところに来られました、私たちと全く同じ人間 イエスとなって。イエスは「しるし」以上の方です。「神が我々と共に」とという現実そのものを私たちにもたらし、与えてくださったのです。
 それ はどれほどでしょうか。主イエスによって、神はどれほど私たち人間と共にあろうとしてくださるのでしょうか。それは「どこまでも」です。パウロはこう書い ています。「キリストは不信心な者のために死んでくださった。」「不信心な者」、それはあの王アハズであり、そしてこのわたしであり、あなたなのです。そ の信じない者の罪を負って、イエス・キリストは十字架に死に、私たちのすべての裁きと呪いを引き受けて「陰府にまで下った」のです。また、キリストは私た ちを縛り付ける死と罪に勝利して復活し、「天にまで」昇られたのです。本当に「陰府から天までどこにでも、そしてどこまでも神、我らと共にいます」。

 「インマヌエル」、神様の挑戦に応えるというのは、どういう生き方なのでしょうか。
  「さて、私が歩んでいる止揚学園でも―――クリスマスには静かな礼拝を守っています。その中で、仲間の入園している人たちと職員たちとで心を合わせて劇を しています。昨年は『桃太郎』の劇をしました。その劇の中に『鬼を退治しよう』という台詞があります。知能に重い障害をもった仲間の克子さんはいくら練習 をしても、それが言えず、『鬼を大事にしよう』と言ってしまうのです。私たちは困り、皆で相談した結果、『クリスマスは戦争をしたり、人の生命を侵す日や なく、優しい心の日なんや。台詞を“退治しよう”から“大事にしよう”にして、鬼と桃太郎が仲良くする場面に変えようや。それも止揚学らしくて良いやない か』―――また、おばあさんが桃太郎にきび団子を渡して、『このきび団子を食べて強くなり、鬼を退治しなさい』と話すところがあるのですが、おばあさん役 のきよ子さんが、『そんなん、嫌や。鬼さん可哀相』と言って、どうしてもその台詞を言ってくれません。そこで『このきび団子を鬼さんと仲良く食べようね』 と台詞を変えると、きよ子さんはニコニコ笑顔になり、明るい声で演じてくれました。知能に重い障害をもった仲間たちは、自分が現代の社会で、人間として疎 外されている悲しみ、寂しさを持っていて、(誰も切り捨てられない、仲の良い社会があったら良いなあ。鬼さんかて皆から捨てられたら悲しいやろう)と考え たのだと思います。―――でも、よく考えれば、クリスマスはイエスさまの愛に包まれ、皆が優しい心で相手のことを思いやり、仲良くする日です。」(福井達 雨『見えない言葉が聞こえてくる』より)
 「インマヌエル」、「神我らと共にいます」、神様からの挑戦は、「神を信頼し、私たちも互いに愛を持って共に生きるのか」という問いかけであり、恵みによる招きなのです。

(祈り)
天地の主なる神よ、イエス・キリストにおいて私たちすべての者を極みまで愛された父よ。
 あなたはアハズ王と民に預言者を通して「インマヌエル」と語りかけ、また私たちすべてに向かってイエス・キリストによって「神我等とともにいます」と語り、挑み、招かれました。このことは確かであり、また真実であり、そして信頼するに足ります。
  どうか私たちにも信仰と希望を与えて、このあなたの約束を信じて、私たちも互いに愛をもって共に生きる冒険へと、小さい一歩、しかし確かなこの一歩を踏み 出させてください。一人一人と私たちの教会が、あなたの御言葉と約束の証人として、このアドヴェントまたクリスマスの時期にも遣わされ、用いられますよう 切にお願いいたします。
世のまことの救い主イエス・キリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。

戻る