わざわざ帰って来る喜び         ルカによる福音書第17章11〜19節

 
  「イエスはエルサレムへ行かれるとき」、それは十字架の道です。イエス・キリストが、この世と私たちの救いのために、十字架を担って苦しみの道を行かれ る。そのときにイエスが通られるのは、「サマリヤとガリラヤとの間」の道です。それは、ユダヤ本土から見るときに、いずれにしても辺境を通る道でした。主 イエスは、なぜそんな辺鄙な道を通られるのでしょうか。それは、苦しみにあっている人たち、苦しめられている人たちに会うためでした。今日の題は「わざわ ざ帰って来る喜び」ですが、実はその前に、イエスご自身が「わざわざ」回り道をして、「わざわざ」こんな辺境の道をたどって、「わざわざ」そんな人々に会 いに行っておられるのです。

 そこで主イエスが出会われたのは、十人の「重い皮膚病」を患う人たちでした。「彼らは遠くの方で立ちとどま り、声を張りあげて、『イエスさま、わたしたちをあわれんでください』と言った。」当時の社会の中で、かれらはその病気のゆえに隔離され、さらには排除さ れ、そして差別されていました。一般の人々と共に住むことは許されず、同じ病気の人たちだけで一緒になって生活することを余儀なくされていました。そし て、道で出会いすれ違うときにも、一定の距離以上近づくことは許されず、「私は汚れています」と叫ばなければならないとされていました。それで、かれらは 遠くからイエス様の憐れみを求めて叫んだのでした。
 すると、主イエスはかれらの声に耳を留め、このように答えられました。「イエスは彼らをごら んになって、『祭司たちのところに行って、からだを見せなさい』と言われた。」「祭司に体を見せる」とは、当時のこの病気の人たちが、病が治って社会復帰 をするための手続きでした。つまり、自分の体を祭司に見せて、「確かにこの人は治った」ということを証明してもらうのです。すると、その人はいわゆる「普 通の生活」に戻ることが許されたのでした。つまり、イエス様はかれらに向かって、「あなたがたは、祭司に見せても大丈夫なようになるから、つまりあなたが たはきっと治るから、それを信じて出かけて行きなさい」と言われたのです。
 かれらはどうしたでしょうか。かれらは出かけて行きました。それは、 まだ何も病の癒しの兆候も一つもないそのときに、ただイエス様のお言葉一つを信じて、出かけて行ったということです。それは、まさに「見ずして信じる信 仰」であり、「立派な信仰」とも言うことができるでしょう。すると見事にも、「行く途中で彼らはきよめられた」のでした。「めでたし、めでたし」。

  しかし、問題はここから、これからです。こんなことが起こったのです。「そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神をほめたたえながら 帰ってきて、イエスの足もとにひれふして感謝した。これはサマリヤ人であった。」あの十人のうち、一人だけ、たった一人だけが、イエス様のところに帰って 来て、神様を賛美し、感謝を表明し、喜びを表したのでした。
 これを見られたイエス様はこう言われました。「きよめられたのは、十人ではなかった か。ほかの九人は、どこにいるのか。神をほめたたえるために帰ってきたものは、この他国人のほかにはいないのか。」これは嘆きの言葉です。「なんというこ とだ。神の愛の力と業をいただき、見せられたのに、その十人のうちわずかに一人しか、戻ってきて賛美と感謝と喜びを表した者はいない!しかも、本来なら神 様のことを一番知っていると自認しているユダヤ人は一人も帰って来ずに、常日頃そのユダヤ人が軽蔑し差別しているこのサマリヤの人がわざわざそのために 帰って来たのだ。」

 なぜでしょうか。いったいこの違いは何なのでしょうか。
 まず、帰らなかった九人の立場から考えてみましょ う。かれらは、なによりも自分自身のいやしと社会復帰を優先させたのです。「神様に感謝や礼拝はするかしれないが、それはあくまでもその後」と考え、さら には考えるよリ先に行動したのではないでしょうか。なぜなら、イエス様のもとに帰って来ることは、「わざわざ」のことだからです。自分のいやしと社会復帰 を優先させる立場からするならば、それは「回り道」であり、時間や労力を要することであり、ことによると何かを「損する」ことであり、「わざわざ」だった からです。かれらにとって、神に賛美と感謝と喜びをささげることは、「わざわざ」帰って来てするまでもないと思われることだったのです。
 私たちはかれらを責めることはできないと思います。それは、多くの人の反応であり、また私たちの行動でもあるからです。ある牧師の方がこんな経験を話しておられます。
  「ある時、同時に2人の男性から相談を受けました。2人とも教会員でもなくクリスチャンでもありませんでした。それまで私が会ったこともない人でした。し かしよほど困ったのでしょう。教会の牧師である私のところに相談に来られたのです。―――私にもどう対処して良いか分かりません。ですから聖書のみことば に立って、問題解決を考え、祈りました。そしてその2人にアドバイスをし、また礼拝に来て祈るように勧めました。彼らの相談に乗っている間、しょっちゅう 電話がかかってきました。―――そのたびに私は、心の中で祈り、『こうしなさい』『このようにしたらよい』と言ってアドバイスしました。この別々の2人の 男性の相談に振り回される日々がしばらく続きました。 そうしてついに、2人とも問題が解決しました。彼らは御礼は言いました。しかしその後は、礼拝に来なくなりました。彼らの抱えている問題が解決したので、 もう終わったのでした。しかし私は、本当にそれで問題は終わったのだろうかと思いました。たしかに彼らがその時直面した問題は、神さまが解決してください ました。しかしいずれまた、他の問題が起こってくることでしょう。その繰り返しとなるでしょう。 」(教団逗子教会 小宮山剛牧師)

 し かしながら、この人、この一人はどうだったのでしょうか。彼は自分が不思議にもいやされたことを知りました。そしてその時、このことがなぜ起こったのか、 このことを自分に対してしてくだったのはいったい誰なのかということを考えたのです。そして、それがイエス様であり、イエス様と共に働いておられる神様に ほかならないことを発見したのです。その時彼は考えました、「今、私にとって最も大切なこと、大切なものは何だろうか、それはあのイエス様、この神様に向 かって、感謝と賛美と喜びをささげることではないのか」。そうです、彼はこれを、これこそが最も大切であり、最も優先して今しなければならないことである と気づかされたのです。だからこそ、彼は「わざわざ」帰って来ました。たとえそれが「回り道」になっても、それがために何かを「損する」ことになったとし ても、彼はあえてこれを選び、これのために自分の時間を費やし、自分の道を向けたのでした。「そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神 をほめたたえながら帰ってきて、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。」

 二つの「信仰」があるといいます。「自我の業としての信仰は、 自分のために神をあがめていく信仰です。熱心に聖書を読む、礼拝に参加する、だから救って下さい。救われるために信じる信仰です。しかし、この信仰に留 まっている時、やがて信仰は失われます。自我の業としての信仰は、自分の要求が受け入れられない時には崩れていくからです。もう一つの信仰のあり方、神の 業としての信仰とは、神によって生かされていることを信頼する信仰です。―――信仰が “神の業としての信仰”へ成長する時、信仰の崩れはありません。何故ならば全てのことが、良いことも悪いことも、御心として受け入れられるからです。」 (篠崎キリスト教会 川口通治牧師)
 イエスは「わざわざ」帰って来た彼に向かって言われました。「立って行きなさい。あなたの信仰があなたを 救ったのだ。」「救い」とは、これです。すなわち、自分を愛し、救い、いやしてくださった方のもとへと帰り、このお方に賛美と感謝と喜びをささげること、 自分が立ち帰るべき方を知り、このお方のもとへ確かに帰るということ、そしてこのお方のもとにいつも帰りそして留まっており、留まり続けるということで す。
 先ほどの先生の言われたことを思い出してください。私たちは、問題がまた起こり、起こり続ける者なのです。しかし、このお方のもとに立ち帰 り、ここに留まり続けているならば、どんな問題がまた起ってきても、何の心配も恐れもないのです。このお方のもとに立ち帰り、このお方のもとに留まり続け ること、それこそが「救い」であり、イエス・キリストが私たちのために切に願い、そのためにこそご自身を献げられた事柄であったのです。

  「南アフリカの大統領であったネルソン・マンデラさんは―――色々なことで有名でしたが、特に世界平和に貢献したとしてノーベル平和賞を受賞したことが、 彼の政治家としてのキャリアのピークだとおもいます。 けれども、一つ、あまり知られていない称号がある。それは、彼は世界の首相・大統領のなかで、歴史 上、最も長く牢獄に入っていたという記録を持っているということです。彼は、なんと27年間も、牢獄にて生活をしたことがあります。 彼が出獄したとき、 人々はマンデラがやせ細った状態で出てくることを、無意識のうちに想像していました。ですから彼の姿に驚きました。彼はその時70歳を超えていながら、 27年間の獄中生活のあと、健康そのものの非常にたくましい姿で威風堂々と歩いて出てきました。 通常5年も刑に服すると健康を失って出所するのが常なの に、どのようにして27年も健康を保ち続けたのか?とマンデラさんはある取材で尋ねられました。 するとマンデラさんは自分のクリスチャン信仰について説 明し、こう締めくくったと言われます。『私はこの27年間、いつも神様に感謝を続けました。空を見ることができれば感謝し、地面を見ても感謝し、水が飲め れば感謝し、食事はもちろん感謝し、強制労働をする時も感謝しました。私の人生の秘訣は、感謝することにあります。』 そののちネルソンは大統領に当選 し、人種差別政策アパルトヘイトの撤廃に、大きな貢献を果たすことになります。彼はどこにいても、たとえ牢獄にいても人は自由になることができて、毎日を 豊かな感謝に満ち溢れさせて生きることができる、と主張しています。」(フリーメソジスト桜ヶ丘キリスト教会 飯田岳牧師)

 最後にもう 一つのことを申し上げます。あの「帰って来なかった九人」のことを考えたいのです。なぜなら、私たちもかれらの一人かもしれませんから。イエス様がかれら について言われたあの言葉、それは単なる嘆きではなかったと私は思うののです。「きよめられたのは、十人ではなかったか。ほかの九人はどこにいるのか。」 それは、あの「九人」を呼び求める声です。かれらを惜しんでひたすら追い求める叫びであり、さらには切なる祈りであると思います。なぜなら、そのしるし に、かれらのいやしは、だからと言って取り消されなかったからです。「なんだ、その態度は。そんなことなら、罰として、いやしはなかったことにする」と は、イエス様は決しておっしゃらなかったからです。どこまでもかれらを愛し続け、かれらを呼び求め、追い求められるお方なのです。
 だからこの叫 びは、あの十字架の祈りへとつながって行くのだと思います。「父よ、かれらをおゆるしください。かれらは自分が何をしているか、わからずにいるのです。」 かれらは、そして私たち一人一人また、この祈りによって、ほかならぬこのお方によって、その極みない愛によって呼び求められ、追い求められているのです。
  このことを知るときに、知るならば、知れば知るほど、私たちもまた「わざわざ」帰って行きたいと思わされるのではありませんか。「わざわざ」、たとえ「回 り道」でも、「損」をしても、このお方のもとに帰って行き、このお方に賛美と感謝と喜びをささげたいと、切に思わされるのです。

(祈り)
御子イエス・キリストの父、私たちの父なる神よ。私たちすべての者を極みまで愛された神よ。
  あなたこそが私たちを創り、愛し、導かれる方、あなたの愛こそが私たちの力、喜び、そして希望です。このことにいつも気づかせてください。そして、いつも 悔い改めをもってあなたのもとに立ち帰り、「わざわざ」でも帰って来て、感謝と賛美と喜びをささげる者へと変えてください。私たち一人一人と教会を、その ように「立ち帰る者」として導き、この喜びの証人としてお用いください。
まことの道、真理、命なる救い主イエス・キリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。

戻る