喜べない兄のための福音         ルカによる福音書第15章25〜32節

 
  この部分、「放蕩息子のたとえ」の後半部分は、実は省略されることが多いように思います。感動的な弟息子の帰還、父の思いもかけない歓迎、親子の奇跡的な 再会と爆発的な喜び! ここで終われば、私たちは「ああ、良かった」ということで、いい気分で家に帰れるのかもしれません。
 しかし、はたしてそ れで良いのでしょうか。イエス様のたとえは、まだまだ続くのです。そして最後は、一つの問いかけの言葉で終わっています。これは、ある意味で、イエス様の たとえ話のパターンです。つまり、ここまでがイエス様が話したかったたとえであり、ここまで読んではじめて、このたとえをちゃんと最後まで正しく聞いたと いうことになるのです。

 皆さんは、今まであの弟息子の帰還と父の奇跡的な愛と歓迎に感動をされてきたでしょうか。しかし実は、私たちの 多くは、むしろこの兄に似ているのではありませんか。きっと皆さんの多くは、あの弟のように、人生においてむちゃくちゃやったことはあまりなかったのでは ないでしょうか。もちろんそういう人が教会に来て、イエス・キリストの信仰によって奇跡的に救われるという証は、何度となく聞いてはきたのですが。でも、 多くの人はそんな劇的な「放蕩と回心の物語」を生きるわけではありません。
 むしろ私たちは、この兄のようです。今年度の私たち教会の主題は「喜 び」ですが、それで行くと、私たちはこの兄のように、「喜べない」でいることが多いのではありませんか。この兄のように、多くの場合、どこか怒りとねたみ と不平に生きているように思いますが、いかがでしょうか。「私は、弟息子のように、欲望や放蕩には生きて来なかった。しかし、小さな拒絶、小さな非礼、小 さな過失に、いつも不満や憤りを感じる。」(ヘンリー・ナウエン)「自分が努力して何かをしていると思うとき、他の者たちへのさばき、非難、怒り、恨み、 そねみ、いやみ、妬みなどで、心が塞がれることがあります。教会の奉仕をしながら、 善き業に疲れ、 心の自由や喜びを失い、どうしようもなく心がささくれ立つことがあります。」(百姓とんちゃんブログ「どこかに泉が湧くように」より)
 また、あるミッションスクールの先生が書いておられたのですが、学校で生徒たちにこの話をすると、一番親近感が持てて共感できるのが、この兄の方だというのです。
  そして、物語のルールから言っても、最後に残る人の方が重要なのです。最初から最後まで登場するのは父親ですが、その父と共に最後に残るのは、この兄なの です。その意味で、この話の本当の主人公はこの兄であり、そしてこの「喜べない兄」のための、また「喜べない私たちのための福音」でないなら、それはこの 私のところにまで届く言葉とはならないのだと、心から思うのです。

 このような視点からこの物語をもう一度読み直してみたとき、この兄の 真面目さ、誠実さ、忠実さは、十分に認めるべきだと思います。彼の気持ちもわかるし、理解すべきだと思うのです。もし、私たちがこの兄の立場だったら、や はり同じように感じ、同じように思うのではないでしょうか。「弟とは違って、自分は真面目に生きてきた。やりたいことも我慢しながら、努力を重ねて生きて きた。それなのに、弟は勝手に自分で出て行って、うまく行かなくなったとなったら、調子よく、都合よく『雇人同様にしてくれ』とか甘いことを言って帰って 来る。お父さんもお父さんだ。その弟を、何のたしなめもしないで、喜んで迎え入れるばかりか、宴会まで開くとは。いくらなんでも、ついて行けない。」そう 思うのが、道理ではないでしょうか。
 しかし、この兄の生き方そして思いは、父との関係においてはどうなのでしょうか。確かにこの兄の気持ちはわかります。しかし、この場でこの言動は、はたして正しかったのでしょうか。
  実は、この兄のここでの言動は、当時の社会習慣からして、父に対して礼を失し、そして父親の面目を丸潰しにするものだったというのです。「彼らのしきたり では、客を招待して祝宴を催した場合、長男がしもべとして客をもてなすのが、きわめて大事なことでした。宴会は閉めきった屋内ではしません。家を開け放っ て庭も会場になります。兄息子が腹を立てて、父の家に入るのを拒む光景は、当然宴会の客が見ているところで起きています。兄息子は、招待客の前で意図的に 父を侮辱しているのです。これはたとえ話の聴衆にとっては、強い文化的な衝撃だそうです。前回、弟息子について、父親が生きているうちに遺産の分け前を要 求することは、彼らにとっては父の死を願うことと同じだと話しました。弟息子は自分から父との縁を切りました。父の家で模範的に生きて来たはずの兄息子 も、ここで公然と父との縁を切るようなことをしたのです。」(同上)
 兄は、ずっと長く、こんなにも父の近くにいたのに、父の心、父の気持ちが まったくわかっていなかったのです。あるいは今、半ば意図的に父の心を傷つけているのです。それは、彼が父のすぐ近くにいながら、肝心なこの父の愛をわ かっていなかったと、言わざるを得ないのです。父は、外に留まり顔をそむけている兄の所にまで出て行き、歩み寄り、そしてねんごろに語りかけます。「子 よ、あなたはいつもわたしと一緒にいるし、またわたしのものは全部あなたのものだ。」今までも、父はずっと彼に向かってそう語りかけ、そのように行動して きたはずです。それなのに、この兄はそれに全く気付かず、すぐ近くにいながら、その心と生き方は父から遠く離れ、断絶していたのです。

  だから、このたとえ話は、イエス・キリストの問いかけで終わります。私たち一人一人への切なる問いかけです。それは、この父の言葉と、そして目立たないけ れども、ここにも起こっている、驚くばかりの父の行動によってです。父は、弟に対しては「走りだし、駆け寄り、抱きしめ」ました。今この兄に対して、父は わざわざ席から立ち上がって、外に出て行き、彼の傍らに立ち続け立ち尽くして、言葉を尽くし心を尽くして彼を説得し、彼と共に帰り、彼と共に喜ぼうとする のです。「子よ、あなたはいつもわたしと一緒にいるし、またわたしのものは全部あなたのものだ。」「弟息子の場合と同じように、兄息子の場合も、父は自分 から犠牲を払って和解に出向いて行きます。これはたとえ話の重要なポイントです。父は客人を置いて、兄息子をなだめるために、彼のところに出向きます。そ の父の姿は、村の衆の前で面目を失うことです。中東人の目には、弟息子に走り寄るよりも犠牲的に映るそうです。息子に拒絶されてあらわな侮辱を受けている のです。そういう場合、父親は、『もういい、我慢するにも限度がある』と権威を行使するのが普通だそうです。しかし、この父親は侮辱されても、言葉を尽く して懇ろに説得します。それに対して兄息子は、ただひたすら自分の義しさだけを主張して、弟と父に痛烈に批判をぶつけます。それでも父親は己を空しくして 懇願し続けます。」(同上)
 この父の愛が、私たちにはわかるでしょうか。もし私たちにこの父の愛がわかるなら、私たちの中から、怒りとねたみで はなく、不平と不満ではなく、他の人への批判と裁きではなく、父によって、この父によって愛されている喜び、絶えずそして強く愛されているという喜びが湧 き上がってくるのではありませんか。

 そして、このお話を準備している中で、大変面白いことを言っておられる方に出会いました。それはこ のたとえ話には、ここにはいない登場人物、あえて隠され伏せられているキャラクターがあるのだというのです。「ここには出てこないタイプがあります。この たとえの中には、隠れキャラクターというか、イエスが意図的にたとえから外した登場人物がいます。この隠された人物を最後に考えて、今日のメッセージを終 わりにしたいと思います。 イエスが、誰をこのたとえ話から意図的に省いたのか。それはルカの福音書全体から考える必要があります。イエスのたとえ話に は、いつも『探す人』というのが出てきます。―――今日のたとえ話を聞きながら、イエスの周りにいた人々は、弟が困っている場面で思いました。『この弟 を、誰が探しに行くのだろう。』彼らは誰かが弟を探しに出かけていくだろうと想像します。しかし、誰もいかないんです。」(飯田岳牧師、フリーメソジスト 桜ヶ丘キリスト教会ホームページより)
 それは、もう一人の兄、あるいはあり得たであろうもう一つの兄の姿です。「こんな兄だったらよかったの に」という「兄」の姿です。「実は、兄息子は探す人になれる唯一の立場でした。彼は父に向かってこういうことができたはずです。『おとうさん。弟は本当に 愚かです。きっとお金を使い果たし、生活もままならないことでしょう。でも、私はあの子を探し出して、家に連れて帰ります。そのために、私はあなたからも らった自分の財産を使い果たしてしまうかもしれない。それでもいい。私は必ず!あなたの元に、あなたの息子・私の弟を、連れ戻しに行ってきます。』その、 探す人になってくれた兄息子こそ。たとえ話から意図的に省かれた登場人物。イエスキリストです。」(同上)
 私も以前お話ししました、「このたとえを作り替えたい」。「この話では、兄が弟のために、すべてを投げ捨てて 探しに行くのです。仕事も財産も、父のもとで愛情を受けることもいったんすべてをおいて、何が起こるかわからない異国へと出かけて行くのです。
  ある国で、弟はひどい目に遭っていました。父から譲られた全財産を使い果たし、悪い人たちの奴隷となって、無理矢理働かされ、人間以下の生活を強いられ、 みじめな死を待つばかりだったのです。兄は、そこへ単身、しかも丸腰で乗り込んで行きました。そして願ったのです。『私を弟の代わりに捕らえるがいい。そ して私を弟の代わりに殺すがいい。その代わりに弟を放してくれ。』その通りになりました。弟は、兄が開いてくれた道のゆえに、そのおかげで父の元に 帰ることができました。兄は、自分の命を投げ捨てても、弟を父の元へと取り戻したのです。そしてあの兄は、奇跡的に三日目に悪と死を打ち破ってよみが えって、帰って来たのです。皆さん、この『兄』こそ、イエス・キリスト、私たちの『まことの兄』に他ならないのです。」

 イエス・キリス トは、今この父の姿を語り、そしてこの話の続き、いやもう一つの兄の物語を、もはや語るのではなく、今やご自身が演じ、動き、そして生きてくださるので す。この話と、そしてイエス・キリストの生涯と道を通して、私たちに迫ってくるのは、このイエス・キリストの姿です。このお方のイメージとそして姿が、私 たちに迫り、私たちにしみ渡ってくるとき、私たちは変わります、イエスによって変えられるのです。
 それは、私たちもまたこの父の喜びに、そしてこの新しい兄の喜びに加えられ、喜んで自分から加わって行くということです。
  「もし放蕩息子の物語の意味するものが、人間は罪を犯し、神はそれを赦すというだけなら、私たちはこの物語の本当のメッセージを理解していない。この物語 が私たちに問いかけるものは、あなたは相続人であり、この父のようになりなさいということだ」。(ナウエン)「著者は20代のイギリス人将校でしたが、収 容所生活の中で、マラリヤ、ジフテリヤ、熱帯性潰瘍等の病気に次々に罹り、瀕死の著者は『死の家』に運び入れられます。死体置き場の横に設置された病舎 の、粗末な竹のベッドに横たわり、人生を呪いながら命が終わる日を待っていた著者のもとに、キリスト者の友人たちが訪れ、食べずにとっておいた食物を食べ させ、膿を出して腐っている足の包帯を替え、体を拭く奉仕をします。彼らの献身的な看護によって、著者は次第に体力を回復し、彼らを動かしている信仰に触 れて、無神論者だった彼が聖書を読み始めます。そこで彼が見出したのは『生きて働いておられる神』でした。彼は書きます『神は私たちを捨てていなかった。 ここに愛がある。神は私たちと共におられた・・・』」(アーネスト・ゴードンの証、川口通治氏による、篠崎キリスト教会ホームページより)これが、「喜べ ない兄のための福音」であり、この私たちのための福音、私たちのための大いなる喜びなのです。

(祈り)
イエス・キリストが私たちに示し、そのみもとに導き、立ち帰らせてくださった天の父よ。
  あなたの愛、深い愛、極みのない愛、この愛を私たちも、絶えずそして強くまた変わらずにいただいています。このことにいつも気づかせ、繰り返して立ち帰ら せてください。そして、いつも新しくあなたの愛から出発し、あなたと共に、また隣人と共に喜ぶ道へと踏み出し、出かけて行くことができますよう、あなたの 一人一人とこの教会を祝し、導きき、お用いください。
まことの道、真理、そして命なるイエス・キリストの御名によって切にお祈りいたします。アーメン。

戻る